【鬼滅の刃】霹靂一閃とは四字熟語?意味や読み方まとめ

霹靂一閃とは四字熟語なのでしょうか、それとも吾峠先生が技名としてつくった言葉なのでしょうか?

ここでは「霹靂一閃」の読み方や意味とともに、関連する四字熟語を紹介していきます。

霹靂一閃とは四字熟語?

霹靂一閃の読み方

へきれきいっせん」と読みます。

「へきれきいっせん」とは?漢字の書き方も整理

四字熟語なの?意味も確認

四字熟語ではなく「霹靂」と「一閃」の造語です。それぞれの熟語の意味を見ていきましょう。

「霹靂」はかみなりの別名です。いかずちや雷鳴を指すこともあります。また、雷が激しくなること。落雷すること。大きな音が響きわたること。といった意味でも使います。(デジタル大辞林より。)

「一閃」の意味はぴかっと光ること。または、そのきらめきのことです。(デジタル大辞林より。)

【鬼滅の刃】霹靂一閃の速さは?速度が同じものは何?

ちなみに霹靂を使った四字熟語は?

青天霹靂(せいてんのへきれき)

意味:急に起こる変動、大事件。または、突然うけた衝撃のこと。

中国南宋時代(12‐13世紀ごろ)の詩人陸游が書いた俳句の一説が慣用句として使われるようになった。元々は、青い空に突然走る雷のことを指す。

霹靂一声(へきれきいっせい)

意味:急に雷鳴が轟き渡ること。または、前触れもなくいきなり大きな声で怒鳴ること。

霹靂閃電(へきれきせんでん)

意味:激しく勢いがあって非常にすばやいことのたとえ。

一閃を使った四字熟語だと…

光芒一閃(こうぼういっせん)

意味:状況がいきなり変化すること。「光芒」は尾を引いているように見える光の筋や、光の穂先こと。

紫電一閃(しでんいっせん)

意味:刀剣などが稲妻のように一瞬きらりときらめくことから、一瞬や極めて短い時間のこと。または、そのような少し時間で急激に変化すること。「紫電」は刀を鋭く振るとひらめく稲妻のような光のこと。

まとめ

・霹靂一閃(へきれきいっせん)は四字熟語ではなく、霹靂と一閃を使った造語

・霹靂はかみなりの別名

・一閃はぴかっと光ること

参考:https://yoji.jitenon.jp/

関連記事

霹靂一閃の種類一覧!壱ノ型のバリエーションが凄い【鬼滅の刃】

生殺与奪の権とは?意味と読み方を解説【鬼滅の刃】

火雷神の読み方は?意味や技をまとめたよ【雷の呼吸漆ノ型】

コメント

タイトルとURLをコピーしました