悲鳴嶼行冥の羽織の柄は?衣装は隊服に数珠

今回のファッションチェックは悲鳴嶼行冥の衣装!

明らかに他の柱とは異なるアイテムで全身コーデされています。

注目ポイントは羽織の柄と数珠。

悲鳴嶼さんの全身コーデ

まずは悲鳴嶼行冥の全身コーデをみてみましょう。

全身像がわかりやすいのはこの辺り↓

・15巻表紙
・19巻169話
・アニメ22話

市紅茶しこうちゃ(深い渋めの萌葱色)の羽織南無阿弥陀仏の文字入り
・赤色の数珠と首飾り
・隊服に紫の半襦袢?
・鉄球を鎖でつないだ斧(日輪刀と原材料は同じ)
・白い脚絆
・素足に草履(鼻緒は羽織の色と同系色)

市紅茶とは江戸後期の歌舞伎役者、五代目・市川團蔵に由来。

通好みの渋い演技が売りの役者で彼が好んだ色がこの色です。渋めの立ち位置にいる悲鳴嶼に通ずるものが。

羽織の柄は「南無阿弥陀仏」

悲鳴嶼行冥はもと僧侶。

故にアイテムや口ぐせも仏教由来のものが多いです。

羽織にも「南無阿弥陀仏」の念仏がデザインされています。

南無阿弥陀仏の意味って、身近にありすぎて案外意味を知らないままだったりします。

南無阿弥陀仏は「南無」と「阿弥陀仏」に分けらます。

「南無」の語源は「ナマス」と言います。意味は「帰依する」「あなたに全てを委ねます」「一切をお任せいたします」「ナマス」を「ナム」と音写し、字をあてたんですね。「南無」と。

だから漢字の「南無」に意味はなく、音の「ナム」に意味があります。「阿弥陀仏」の語源は「アミターバ」と「アミターユス」に由来します。

「アミターバ」は「計り知れない光」、「アミターユス」は「永遠の命」

「阿弥陀仏」を訳しますと「無量光仏」「無量寿仏」となります。しかし、お経の中では「アミダブツ」と音写して字をあてました。

https://houonji.org/2019/09/13/%E3%80%8C%E5%8D%97%E7%84%A1%E9%98%BF%E5%BC%A5%E9%99%80%E4%BB%8F%E3%80%8D%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%81%AB%EF%BC%9F/

つまり

南無阿弥陀仏とは

「南無阿弥陀仏」とは「わたくしは(はかりしれない光明、はかりしれない寿命の)阿弥陀仏に帰依いたします」という意味となる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E7%84%A1%E9%98%BF%E5%BC%A5%E9%99%80%E4%BB%8F

盲目の悲鳴嶼さんが使うと言葉に重みがあります。

衣装は隊服に数珠

隊服の下には紫色の半襦袢のようなものを着用しています。

手には数珠と同じ玉でできた首飾り。

数珠の材質は赤珊瑚あかさんご赤瑪瑙あかめのうあたりかと思われます。

パワーストーンとして見るとこんな意味↓

赤珊瑚…厄除け
赤瑪瑙…家庭円満、組織の結束力

どちらも鬼殺隊士に必要かも。

まとめ

・悲鳴嶼行冥は市紅茶しこうちゃの羽織、南無阿弥陀仏の文字入りを着用

・南無阿弥陀仏には「無量光仏」「無量寿仏」の意味がある

・赤い数珠と首飾りを着用

豆知識
那田蜘蛛山編の続き「柱合会議」を今すぐ無料で観る方法
無限列車への乗車きっぷ! 那田蜘蛛編の続きを無料でみて、無限列車編を観に行こう!
鬼滅の泉

コメント

タイトルとURLをコピーしました