【鬼滅の刃】数字の漢字が難しい!読み方や意味をまとめてみた

「鬼滅の刃」には漢字がたくさんたくさん登場します。

炭治郎はじめ鬼殺隊員が放つ技にも漢字が駆使されていますね。

登場する漢字は常用漢字ではないものも多く、数字にも漢数字の一、二、三ではないものが使われます。

ここでは「鬼滅の刃」に登場する数字の漢字の読み方や意味をまとめます。

「鬼滅の刃」に登場する数字の漢字は「大字」

劇中で主人公の炭治郎をはじめ、伊之助や柱である冨岡 義勇、煉獄 杏寿郎らが発するそれぞれの呼吸法には「型」があります。

【鬼滅の刃】呼吸の全種類一覧と派生の相関図まとめ

この「型」を修行によって体得していくわけですが、この「型」に使用される数字の漢字が、私たちが普段使用する漢数字ではないので、難しく読みにくい。。

「壱」「弐」などの漢字は「大字」といい、単純な漢数字の代わりに使用されます。

漢数字の一や二、三は第三者が横線や縦線を書き加えることで簡単に「一」を「十」にしたり「二」を「三」にしたりすることができるため、こうした改ざんを防ぐために「大字」が法的文書では使用されます。

701年に制定された大宝律令によって公式文書にこの「大字」を用することが定められたという歴史があります。

大字の読み方や意味を整理

では、大字の読み方と意味を見てみましょう。

ここで紹介する漢字は漢数字の一から十二、二十、三十の代用漢字です。数字以外の意味も紹介します。読み方は数字としての読み方です。

・「」・・・読み方「いち

一番目や物事の最初を意味するほか、みな、すべて、ひとえに、などを意味することもあります。

・「」・・・読み方「

ふたごころがある(そむく、裏切る)などを意味します。

・「」・・・読み方「さん

目上の人のもとに伺うことや寺社などにもうでること、集まったり加わったりすること(参加、参列など)という意味で使用されることもあります。

・「」・・・読み方「

勝手気ままであること、品物などを並べ連ねることやそういった店を意味します。

・「」・・・読み方「

組や仲間。かつて五人を一組にした(五人組)軍隊の単位であったことから、隊列を指す場合も。

・「」・・・読み方「ろく、りく

陸地や大陸、物事がひっきりなしに続くさま。

・「」・・・読み方「しち、しつ

植物の漆(うるし)。漆からとった塗料。うるしのように黒いこと。

・「」・・・読み方「はち、はつ

さばく、さばけること、はける(捌け口)など。

・「」・・・読み方「きゅう、く

黒色の美しい玉のような石を指す。

・「」・・・読み方「じゅう、しゅう

ものを拾ったり集めたりすること。

・「拾壱」・・・読み方「じゅういち

・「拾弐」・・・読み方「じゅうに

・「弐拾」・・・読み方「にじゅう

「二十」「20」のこと。

・「参拾」・・・読み方「さんじゅう

「三十」「30」のこと。

まとめ

「壱」や「弐」、「参」などは比較的よく見ることがありますが、「肆」は漢字そのものをあまり目にしたことがないのではないでしょうか。

また「陸」や「漆」も字としては知っていますが、数字として使用されることはあまり知られていない、といえるでしょう。

「鬼滅の刃」はこうした部分でも楽しめる、味わい深い作品です。数字をはじめとする漢字に注目してみると新しい発見があるかもしれませんね。

■参考
wikipedia-大字
kanjipedia
wikipedia-鬼滅の刃

関連記事

【鬼滅の刃】柱の漢字の読み方や意味をチェック!姓名判断もやってみた

【鬼滅の刃】主人公や主要キャラの漢字の読み方を整理!姓名判断もやってみた

【鬼滅の刃】作者の読み方は?他作品はあるの?

刃の読み方は?音読みだと?刀との意味の違いも【鬼滅の刃】

コメント

タイトルとURLをコピーしました