【鬼滅の刃】映画無限列車編のノベライズを比較!どっちがいい?

無限列車編の小説も公開日に出版!

よくよく見れば、2つある

「どう違うの?」「どっちがいい?」の参考になりますよ。

ノベライズが2つ!

『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 ノベライズ』が映画公開日と同日の10月16日に発売されます。

しかも2冊

上下巻で2冊なのかと思っていたら、どうやら別レーベルから1冊ずつ刊行される様子。

レーベルとは会社ごとにジャンル等で設けられているブランドのこと。

『鬼滅の刃』が連載されたのは集英社の『週刊少年ジャンプ』。

無限列車編の小説版は、集英社のレーベルである

・JUMP j BOOKS(ジャンプジェイブックス)
・集英社みらい文庫

から発売されます。

参考:https://kimetsu.com/anime/special/novel/
https://j-books.shueisha.co.jp/books/kimetsunoyaiba_mugen.html
https://miraibunko.jp/book/978-4-08-321603-9

2冊を比較してみると

著者が異なる

同じものなら別レーベルで出す必要はありません。

よくよくみると、著者が異なります

JUMP j BOOKS(ジャンプジェイブックス)

著者:矢島綾

他の作品

『鬼滅の刃 しあわせの花』
『鬼滅の刃 片羽の蝶』
『鬼滅の刃 風の道しるべ』

集英社みらい文庫

著者:松田朱夏

他の作品

『鬼滅の刃 ノベライズ 〜炭治郎と禰豆子、運命のはじまり編〜』
『鬼滅の刃 ノベライズ 〜きょうだいの絆と鬼殺隊編〜』
『キングダム 映画ノベライズ みらい文庫版』
『小説版 神風怪盗ジャンヌ』
『小説版 ひよ恋』

どちらも、刊行されている小説版『鬼滅の刃』の著者。

対象年齢が違う?

おまけにそれぞれのキャッチコピーも異なります。

『鬼滅の刃』公式ツイッターでの広告文をみてみましょう。

まずは j ブックス

つぎにみらい文庫

2点を比べると、みらい文庫の方が小中学生向けの印象を受けます。

たしかに、みらい文庫から出ている小説版『鬼滅の刃』シリーズは挿絵も多く、公式サイトの作りや読者の声をみてもこの年代が多いです。

また、j ブックスに比べ簡単な漢字にもふりがなが振られています。例えば「家」とか「炭」とか「少年」にも。しかし、かなは多いですが、チープな文章ではありません。原作やアニメのシーンがありありと浮かんでくるよう描写されています。

j ブックスは中高生以上向け

中高生の朝読書(ホームルームの前の10分程度を読書時間にする学校の教育活動)で利用している子も多いようです。

既刊作品は原作の小説というより原作に描かれなかったストーリーを盛り込んでいるので、それ本体も楽しめますし、原作を堪能した上で更に鬼滅の世界を広げるときにおすすめです。

また、ふりがなが多すぎるのが反って読みづらい方には、j ブックスの方がいいかなと。

今回は双方、無限列車編という同じテーマを取り扱うので、そのなかでどういう違いが出てくるのか楽しみですね。

結論は?

現段階では出版前なので内容の比較はできませんが、

小中学生、ふりがなが多い方が良い方には、みらい文庫版
中高生以上、流れを堪能したい方には、j ブックス版

がおすすめ。

関連記事

【鬼滅の刃】映画無限列車編をimaxで見るぞ!上映館一覧

豆知識
那田蜘蛛山編の続き「柱合会議」を今すぐ無料で観る方法
無限列車への乗車きっぷ! 那田蜘蛛編の続きを無料でみて、無限列車編を観に行こう!
鬼滅の泉

コメント

タイトルとURLをコピーしました