【鬼滅の刃】小説版の順番を全巻整理!あらすじや試し読みを見る方法も

原作以外の書籍も爆売れの鬼滅。もちろん小説版も重版を繰り返す人気作です。

ただ、小説版には1巻2巻などが表記されていないので順番が分かりにくいし、本編をどこまで読んでからが最も楽しめるのか?悩むところですね。

そこで、何巻の後に読んだ方がいいのか?読む順番や、あらすじや試し読みができる所を紹介します。

小説版の順番はというと…

『鬼滅の刃 しあわせの花』

発売日 2019年2月4日
値段 定価700円+税


<各話タイトル>

1話「しあわせの花」
2話「誰が為に」
3話「占い騒動顛末記」
4話「アオイとカナヲ」
5話「中高一貫☆キメツ学園物語!!」

・全5話からなる吾峠先生の書き下ろし挿絵付き短編小説集
・小説の話の内容は吾峠先生監修

『鬼滅の刃 片羽の蝶』

発売日 2019年10月4日
値段 定価700円+税


<各話タイトル>

1話「片羽の蝶」
2話「正しい温泉のススメ」
3話「甘露寺蜜璃の隠し事」
4話「夢のあとさき」
5話「笑わない君へ」
6話「キメツ学園物語~パラダイス・ロスト~」

・全6話からなる吾峠先生の書き下ろし挿絵付き短編小説集
・小説の話の内容は吾峠先生監修
・吾峠先生のかわいいイラストがあるあとがき付き

『鬼滅の刃 風の道しるべ』

発売日 2020年7月3日
値段 定価700円+税


<各話タイトル>

1話「風の道しるべ」
2話「鋼鐵塚蛍のお見合い」
3話「花と獣(ケダモノ)」
4話「明日の約束」
5話「中高一貫☆キメツ学園物語!! 〜ミッドナイト・パレード〜」

全巻のあらすじはどこで見れる?

ジャンプ×ノベル「JUMP j BOOKS」の公式アカウントで全巻各話のあらすじが読めます↓

https://note.com/jump_j_books/n/n9002223930c1
https://note.com/jump_j_books/n/n130afe2d3440
https://note.com/jump_j_books/n/n33f83c0ba97b

試し読みはこちら↓

https://j-books.shueisha.co.jp/books/kimetsunoyaiba_shiawase.html
https://j-books.shueisha.co.jp/books/kimetsunoyaiba_kataha.html

https://j-books.shueisha.co.jp/books/kimetsunoyaiba_kaze.html

『鬼滅の刃 しあわせの花』のあらすじ

藤の花の家紋の家の者から婚礼の儀に参列するよう頼まれた炭治郎が人間に戻り晴れ姿となった禰豆子を想う話や、

善逸がじいちゃんの厳しい修行を抜け出した後にはじめて鬼を斬ることになった話。

占い師に女難の相ありと言われ慌てふためく善逸の話や

カナヲに素直にお礼の言えないアオイの胸の内が垣間見えるエピソード。

そして、番外編「キメツ学園」として、風紀委員をやめたい善逸のお話が描かれています。

『鬼滅の刃 片羽の蝶』のあらすじ

胡蝶姉妹が悲鳴嶼に助けられた後、彼の勧めを聞かず鬼殺隊になろうとする話や、柱稽古中の善逸が元音柱の宇髄の特別任務として温泉探しを行う話。

蜜璃が信頼を置くしのぶのもとに、小芭内が蜜璃の様子がおかしいと相談を持ち掛ける話と不死川兄弟の絆のエピソード。

笑わない義勇を柱全員で笑わせようとする話。

本編では語られない話が盛だくさんです。

番外編「キメツ学園」では、バンドを結成した炭治郎・善逸・伊之助・宇髄の四人を解散させようとしのぶ、アオイ、カナヲらが奮闘するお話が描かれています。

どれから先に読んだほうがいい?

「しあわせの花」は8巻を読んだ後がオススメ。

8巻最終話の音柱と蝶屋敷の女の子の騒動に関する補完エピソードがあります。

片羽の蝶は17巻を読んだ後がオススメ。

15巻から始まる柱稽古のエピソードがありますし、17巻冒頭の胡蝶姉妹が悲鳴嶼に助けられたエピソードに続く話もあるので17巻の後の方がbetter。

まとめ

・小説版は1巻『鬼滅の刃 しあわせの花』、2巻『鬼滅の刃 片羽の蝶』、3巻 『鬼滅の刃 風の道しるべ』

・あらすじは「JUMP j BOOKS」の公式アカウントで読める

・『鬼滅の刃 しあわせの花』は8巻の後に、『鬼滅の刃 片羽の蝶』は17巻の後に読むのがオススメ

関連記事

吾峠呼世晴作品一覧!読み切り漫画や書籍情報まとめ

【鬼滅の刃】ファンブックの発売日と内容はどこまで?買うべきか?

【鬼滅の刃】編の順番を時系列で整理(巻数も分かるよ)

キメツ学園とは?設定をまとめてみた【鬼滅の刃】

コメント

タイトルとURLをコピーしました