【鬼殺隊】階級一覧!漢字の意味や由来も整理

「鬼滅の刃」は主人公の炭治郎が属する鬼殺隊士と鬼の対決が見どころ。

劇中では鬼殺隊最強である「柱」の存在が際立っていますが、実は鬼殺隊士は柱以外にも階級があります。

ここでは鬼殺隊の階級の漢字とその読み方、意味や由来を一覧にして整理。

鬼殺隊の階級が難解…

「鬼滅の刃」は、人名や鬼殺隊士たちが繰り出す技の名前に使用されている漢字が難しいことでも有名。

漢字の意味を調べたり、読み方を調べたりしてより深く「鬼滅の刃」の世界を楽しむ方も少なくないようです。

階級は十干でランク付け

鬼殺隊士たちの階級は、十干でランク付けされています。

十干とは「じっかん」と読み、

甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸

の10の要素から成り立っています。

古代中国で誕生した数の数え方の一種であり、暦の表示などに用いられます。私たちにもなじみがある十二支にも実は十干が関わっているんですよ。

読み方が難しい…

十干は今となっては私たちが日常的に使用しない漢字も多く使用されており、読み方がわからない……という声もあるようです。

「鬼滅の刃」の世界を堪能するために、十干の読み方をマスターしておきましょう。

鬼殺隊の階級一覧!読み方や意味は?

では鬼殺隊士の階級である十干の読み方や意味をみていきましょう。

十干の成り立ちに関わりのある中国の五行説、陰陽説に基づくものとなっています。

鬼殺隊では新入隊士はまず「癸」階級から始まり、段階に応じて階級が挙がっていきます。

甲「きのえ」・・・それまでの成長が芽生えた状態
乙「きのと」・・・殻を破り、芽を出す状態
丙「ひのえ」・・・著しく成長している状態
丁「ひのと」・・・さらに成長するために小休止し、エネルギーをためている状態
戊「つちのえ」・・成長はピークに達し、反映していく状態
己「つちのと」・・成長は一段落し、整えて求める状態
庚「かのえ」・・・花を咲かせ、結実する状態
辛「かのと」・・・新たに生まれ変わり、統制を強化する状態
壬「みずのえ」・・「妊娠」の「妊」に通じ、内部で命や陽気を育てている状態
癸「みずのと」・・地ならしをして芽が出る時期を待っている状態

【鬼滅の刃】炭治郎の階級推移!上がり方をグラフにしてみた

音読みだと現在も使用

ここで紹介した読み方はすべて「訓読み」。

なので聞いたことのない響きのものが多く感じたかとも思いますが、漢字そのものは見たことがある、という方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず。音読みでは現在でも使用されている漢字も多いんです。

「甲」「乙」「丙」などはこの中では比較的現代でも見かける漢字で、「こう」「おつ」「へい」と音読みでは発音します。契約書などによく使用されていますね。

「丁」も音読みでは「ちょう」と発音し、住所や豆腐の数え方(一丁)などに使われています。

訓読みと音読みでは大きく印象が異なるので気づかなかったかもしれませんが、実は身近にも「鬼滅の刃」の世界に関係するものがあると思うと感慨深いですね。

まとめ

・鬼殺隊士の階級は「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」

・読み方は「きのえ・きのと・ひのえ・ひのと・つちのえ・つちのと・かのえ・かのと・みずのえ・みずのと」

参考
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E5%B9%B2

関連記事

【鬼滅の刃】数字の漢字が難しい!読み方や意味をまとめてみた

【鬼滅の刃】柱の漢字の読み方や意味をチェック!姓名判断もやってみた

滅の漢字の書き順や読み方は?成り立ちが日輪刀にぴったり

刃の読み方は?音読みだと?刀との意味の違いも【鬼滅の刃】

コメント

タイトルとURLをコピーしました