煉獄杏寿郎の家族構成と名前まとめ!【鬼滅の刃】

無限列車編で登場する煉獄杏寿郎の家族。

煉獄さんの生き方に大きな影響を与えていますね。

ここでは家族の名前や、特徴などをご紹介。

煉獄さんの家族構成は?

煉獄家の家族構成は父・母・長男・次男です。

煉獄家の男性陣は炎柱である杏寿郎を始め、父親、弟ともに「○寿郎」という名前で混乱しやすいので少し注意が必要です。

煉獄 槇寿郎(れんごく しんじゅろう)

杏寿郎の父、槇寿郎は煉獄家の当主です。

元炎柱で炎の呼吸を使う実力のある剣士でしたが、自身の無能さに打ちのめされていた時に、妻が病死。酒浸りの生活を送るようになりました。

以前は杏寿郎に稽古をつけるなど、積極的に鍛錬に励む熱い男だったのですが…。

このため、杏寿郎はその後たった3冊しかない指南書を読みながら自力で柱まで登り詰めることとなります。

煉獄杏寿郎の父の名前は?読み方や意味をまとめたよ【鬼滅の刃】

煉獄杏寿郎の父の過去を整理!伊黒小芭内とも関係?

煉獄 瑠火(れんごく るか)

杏寿郎の母、瑠火は作中に登場した時には既に亡くなっており、過去の回想シーンに登場します。

芯がある強い女性で、杏寿郎がまだ幼い頃から「強く生まれた者は弱い者を守ることが責務である」と教えていました。

母の言葉を胸に杏寿郎はいつも弱き者を助け、心を燃やし続けていたと言えるでしょう。

瑠火の死後、酒浸りになり落ちぶれてしまった槇寿郎は、「自分がこんな風になっても息子2人が立派に育ったのは瑠火の血が濃いからだろう」と語っています。

彼女の名前には「短命」や「燃えるよな情熱」という意味が↓

煉獄母の名前は瑠火!名言がグッとくる【鬼滅の刃】

煉獄 杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)

煉獄家の長男、杏寿郎

母からの教えを胸に剣の修行に励み、鬼殺隊の柱になりました。とにかく明るく正義感が強いはっきりとした性格をしています。

本編でも「心より尊敬するお館様であるが理解できないお考えだ。全力で反対する!」と鬼殺隊の最高管理者の産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)にもはっきりと意見を述べるシーンが印象的。

面倒見が良く熱い杏寿郎は「心を燃やせ」という名言を残したことも有名で、主人公の炭治郎達にも大きな影響を与えた重要な人物です。

煉獄杏寿郎の名言一覧【鬼滅の刃】

煉獄 千寿郎(れんごく せんじゅろう)

煉獄家の次男で杏寿郎の弟、千寿郎

千寿郎は明朗快活な杏寿郎とは対照的に、控えめで大人しい性格をしています。

千寿郎も杏寿郎のように炎の呼吸の使い手として剣士の道を歩むはずでしたが、才能に恵まれなかったためにその道を諦め、「他のことで役に立つ」と心に決めました。

実際、千寿郎は炭治郎が日の呼吸を極めていく上で非常に重要な役割を担っています。

まとめ

・煉獄家は槇寿郎、瑠火、杏寿郎、千寿郎の4人家族

関連記事

【鬼滅の刃】無限列車編の声優一覧!ゲスト出演者も随時更新

【鬼滅の刃】無限列車編は漫画の何巻から何巻まで?

【鬼滅の刃】炭治郎の家族構成と名前は?声優も整理

豆知識
那田蜘蛛山編の続き「柱合会議」を今すぐ無料で観る方法
無限列車への乗車きっぷ! 那田蜘蛛編の続きを無料でみて、無限列車編を観に行こう!
鬼滅の泉

コメント

タイトルとURLをコピーしました