【鬼滅の刃】上弦の鬼の過去シーンは何巻何話かまとめてみた

上弦と呼ばれる鬼達は、それぞれが鬼殺隊の柱数人がかりでも苦戦するほどの強さを誇っています。

しかし、そんな上弦の鬼達も元は普通の人間。

普通の人間が何故鬼になったのか?

ここでは上弦の鬼の過去シーンが描かれている巻数や話数をまとめています。

過去シーンを振り返りたい時にオススメ。

黒死牟の過去

過去編

20巻177話「弟」
20巻178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」

鬼殺隊見聞録 p119
鬼殺隊見聞録・弐p139

黒死牟こくしぼうは「上弦の壱」。

19巻第165話「愕然と戦慄く」において彼の本名が継国巌勝つぎくにみちかつで霞柱・時透無一郎の遠い祖先であることが彼の口から語られています。

日の呼吸の使い手である継国縁壱とは双子。元は弟思いの武家の嫡男です。

双子ではなかったら…。

弟があれほどまでに神様に愛されていなかったら…。

弟への愛憎、嫉妬心は彼を鬼に至らしめることに。

黒死牟と縁壱の過去は何巻何話?【鬼滅の刃】

童磨の過去

過去編

16巻142話「蟲柱・胡蝶しのぶ」
19巻163話「心あふれる」
鬼殺隊見聞録・弐p144

童磨は「上弦の弐」。

新興宗教「万世極楽教」の教祖夫婦の子として生まれた童磨は、虹色かかった瞳と白橡色の髪という容姿に加えて、幼い頃から賢かったため「神の声が聞こえる子」として神格化され崇められます。

本人は無神論者でサイコパス。

自分に縋ってくる信者を頭が悪くて可哀想だと思っています。

生まれつき喜怒哀楽といった感情が欠落しており、色狂いの父についても、それをめった刺しにし自ら命を絶った母についてもなんの感情も持ち合わせていません。

童磨にとって人間の感情とは他人事の夢幻とも言えるもの。

発する言葉に感情がなく気味が悪いのもこれが原因だったんだなと思います。

可哀想なのですが、本人に感情がないため、同情心も湧かず、もやもやとした感情だけが残る人物です。

鬼になった直接のきっかけは描かれていませんが、過去を背負って鬼になったタイプではなさそう。

猗窩座の過去

過去編

18巻154話「懐古強襲」
18巻155話「役立たずの狛犬」
鬼殺隊見聞録・弐p148

猗窩座あかざは「上弦の参」。

猗窩座の本名は狛治はくじ。病弱な父を持つ彼はスリをしながら父の薬代を稼いでいました。しかし、そんな息子の姿に心痛めた父は自ら命を絶ってしまいます。

絶望した狛治は暴れまわりますが、ある時、慶蔵けいぞうという武術の道場を営む人物に拾われます。

狛治は門下生となり、恋雪こゆきという病弱な娘の看病を任せられます。二人と暮らす中で次第に人間らしい心を取り戻していく狛治。

しかし、恋雪との縁談がまとまった矢先、慶蔵と恋雪は毒を盛られ帰らぬ人となります。

大切な人を奪われた狛治は修羅と化し、鬼への道へ。

過去編をみて猗窩座推しが急増したのも肯けます。おすすめの巻の一つです。

【鬼滅の刃】猗窩座の泣ける過去の感想まとめ!ちなみに何巻何話?

半天狗の過去

過去編

14巻124話「いい加減にしろ バカタレ」
15巻126話「彼は誰時・朝ぼらけ」

鬼殺隊見聞録 p103、119
鬼殺隊見聞録・弐p157

半天狗はんてんぐは「上弦の肆」。

盲人のふりをして盗みを繰り返していた半天狗は、その事実を訴えようとした盲人を殺めます。

その罪状から打ち首になる筈でしたが鬼舞辻無惨によって鬼化。

人間だった頃から悪事を繰り返しけっして自分の罪を認めず、あろうことか「自分が悪いのではない、手が悪いのだ」と見下げた言い訳をするなど救いようのない人間だったようです。

半天狗の過去は何巻何話?人間の頃も卑劣で困る…【鬼滅の刃】

玉壺の過去

過去編

鬼殺隊見聞録 p106、120
鬼殺隊見聞録・弐p158

玉壺ぎょっこは「上弦の伍」。

人間だった頃から異なる魚をつぎはぎするような異常行動を繰り返し、生まれ育った漁村では忌み嫌われていました。

『ジョジョの奇妙な冒険』に出てくる吉良吉影みたいな癖も…。

彼もまた半天狗同様、鬼になるべくしてなったパターンですね。

人間の頃から外道です。

【鬼滅の刃】玉壺の過去は何巻何話?人間の頃から外道

堕姫・妓夫太郎の過去

過去編

11巻96話「何度生まれ変わっても(前編)」
鬼殺隊見聞録 p109、120
鬼殺隊見聞録・弐p159

堕姫だきと兄の妓夫太郎ぎゅうたろうは二人で「上弦の陸」。

堕姫の人間の時の名前は梅、妓夫太郎は人間の時の名と同じです。

二人は羅生門河岸らしょうもんがしで生まれます。羅生門河岸というのは江戸吉原の東河岸の別称のこと。切見世が立ち並ぶ、遊郭の最下層エリアになります。

羅生門と言えば平城京、平安京の大門あるいはそれをモチーフにした芥川龍之介の『羅生門』を思い浮かべてしまいますが、羅生門河岸は奈良や京都ではなく江戸。

客が無理やり引き込まれることから、鬼が出没するとされた羅生門になぞらえて命名されたようです。

二人はここの酷い環境の中、手を取り合って生き延びます。醜く強い妓夫太郎は遊郭で取り立ての仕事を、大人がたじろぐほどの美貌を持つ梅は遊女へ。

ある時、梅は相手の侍の怒りを買い、生きたまま丸こげに…。

この二人の過去をみると、生まれた場所が違っていたら…と思わずにはいられません。

【鬼滅の刃】妓夫太郎(ぎゅうたろう)と堕姫(だき)の過去は何巻何話?

参考:https://www.kk-bestsellers.com/articles/-/9506

まとめ

・上弦の鬼は個性だけでなく過去も強烈な鬼たち

・全ての鬼に同情できる過去があるわけではない

関連記事

【鬼滅の刃】柱の過去は何巻何話でわかる?まとめて整理した

【鬼滅の刃】累の過去は何巻何話でアニメは何話?

キャラ
【鬼滅の刃】全巻を ”半額で” 購入する方法!
今なら「半額」で全巻揃います!
鬼滅の泉

コメント

タイトルとURLをコピーしました